EARTHQUAKE

地震対策への取り組み
室内、家財を守る

制震(制振)について

強さだけでは守れないものがある。
アナタカラ建設の制震(制振)
耐震性を追求し、建物を強く、強固にするほど室内に伝わる地震のエネルギーが大きくなってしまいます。 巨大なエネルギーを吸収し、ダメージを軽減するためにアナタカラ建設ではパフォーマンスに優れた制震(制振)ダンパーを採用。木造の特性に対する高度な知見に制振装置をプラスすることによりワンランク上の制振構造を実現しています。

地震の揺れを吸収する

建物内部に制振部材を組み込み、地震の揺れや衝撃を吸収。建物の損傷を出来る限り抑える構造です。
長所

簡易な工事で済み、費用対効果も高い。建物内部へのダメージが少ない。現行建築基準法で義務づけられている耐震性能の劣化を防ぐため、最低限の性能を長持ちさせることができる。

短所

耐震と比べると費用がかかる。制震(制振)ダンパーの配置によってねじれが生じる場合があるのでしっかりした構造計算が必要。様々な制震(制振)部材があるためビルダーの見識も問われる。

制震(制振)構造とは

星辰影院_87电影网电在线观看_日本日本熟妇中文在线视频