EARTHQUAKE

地震対策への取り組み
建物を倒壊から守る

耐震について

強さというやさしさを追求しました。
アナタカラ建設の耐震
地震大国の日本では、過去の大きな震災の教訓を踏まえ、1981年に新耐震基準が設けられました。新しい基準では中規模地震(震度5程度)では建物に損傷が出ないこと、大規模地震(震度6強~7程度)では倒壊しないことが求められています。 従来の木造建築では柱を太くする、筋交いで支えるなどの方法で耐震性能を強化してきましたが、新耐震では耐力壁の量と壁配置のバランスが必要とされています。アナタカラ建設では厳選した耐力壁をご提案し、求められる基準を高次元でクリアします。

地震の揺れにえる

現在の一般住宅で採用されている耐震工法は 地震に対し「建築物が倒壊せず、住人が避難できること」を目ざしたものです。
長所

比較的安価。耐震等級を上げることで地震保険が割引になる。費用に関してはビルダーの本体工事によるので別途追加になるものではない。

短所

揺れをダイレクトに受けてしまう。耐えることを目的とした構造であり、ダメージが蓄積しやすい。繰り返し発生する地震に対し初期段階の強さを保つことが難しい。

耐震基準法と木造住宅の
これまでの推移

星辰影院_87电影网电在线观看_日本日本熟妇中文在线视频